工事に便利な土のう袋|吸水タイプを使用しよう

男性

広告を足場に張るには

作業現場

自社のロゴを建設現場の足場に張り付けることで、宣伝効果が期待されます。通行人や周りの住民が見る可能性が高いので、導入するメリットは大きいです。業者から購入が可能となっています。

詳しく読む

金属の網を加工する

フェンス

ステンレス製の金網はさまざまな使用用途があるので、業務で使用すると企業が多くなっています。使用目的に合わせて購入する必要がありますが、業者なら加工して作ってくれる可能性があります。

詳しく読む

排水口の汚泥を除去する

ヘルメットを持つ男性

大量の油を排水口などに流してしまうと、油が入り口付近で溜まってしまい詰まりの原因となります。そのようなことになると業務に支障ができるので、油処理剤を使用して分解すると良いでしょう。

詳しく読む

水を吸収して膨らませる

工事現場

建設現場で足場を使用するときは、固定して倒れないようにしなければなりません。倒れてしまうと作業員が転落してしまったり、周辺の人間に被害が及ぶ場合もあります。そのようなことになると企業の信頼を落としてしまい、仕事が減ってしまう可能性があるので注意したほうが良いでしょう。足場を固定するなら土のう袋が最適です。土のう袋は土や砂を大量に詰め込んで重みを出し、密集させることで固定されます。たくさん使用するとより安全に作業ができるでしょう。ちなみに、土のう袋は固定するだけでなく水の侵入を防ぐことにも使用できます。水路や河川工事などの水を止めなければならない状況で効果を発揮し、工事をスムーズにできます。工事現場以外でも床下浸水などの災害に対応することもできます。都心部であれば集中豪雨で大量の雨水がオフィスに侵入する可能性が高くなるので、事前に準備しておくと安心できます。しかし、使用するには大量の土や砂を使用しなければならないので、オフィスで導入するのは難しいです。導入したとしてもオフィスが汚れてしまうでしょう。そのようなときは吸水で膨らむタイプの土のう袋を購入すると良いでしょう。吸水タイプの土のう袋は水を含むことで土のう袋として機能するため、土や砂などを準備する必要がありません。収納スペースも幅を取らないので大量に準備しておいても大丈夫でしょう。ちなみに、普通の土のう袋は持ち運ぶのが大変ですが、吸水タイプならかなり軽いので楽です。